2006-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_footer
entry_header

勤務国

朝、目が覚めると一枚のメモが入り口に置いてありました
そこには勤務国の変更のお知らせの文字

どうやら私はアクアマイトから月光の民に勤務国が変わったようです

お隣のイクハさんは天駆ける翼騎兵に勤務国が変わったようで…離れてしまいましたね
今日は天気も良いですし新しい国への挨拶をしてから薬草探しにでも行きましょうか…

続きを読む ▽

スポンサーサイト
entry_footer
entry_header

腕輪

腕輪に宿っていた魔力がどうしてか弱まってしまったらしく、昨日から魔法が一切使えなくなっています

普段から余り使うことはないので無くても困らないと言えば困らないのですけれど…軽い風や火を起こしたり小さな光をだす事しか出来ませんし

それでも何かあった時にないと困るかも知れないので新しい腕輪を見に行くことにしました

お店に入ると青い石がはめ込まれている銀の腕輪が目に入って…手に取ってみると魔力が宿っているのも感じられたので一目惚れで購入してしまいました

家に帰り腕輪をはめ、意識を集中させ念じると手に光が宿り…どうやらこの腕輪は私との相性も良いようで安心しました

本当は購入前に相性が良いかも確かめた方がいいのですけれど、今回は相性を考える前に一目惚れで購入してしまいましたし

今回はたまたま相性が良かったので問題ありませんでしたが…次回からはきちんと相性を確かめてから購入するように心掛けなければいけませんね
entry_footer
entry_header

来客

昨日ロストグランドに辿り着いてからテントを建てていたのですが、隣に同じようにテントを建てている方がいらして…私とは丁度正反対な色合いの方

聞いてみるとイクハさんという方で、今日この大陸に辿り着いたばかりらしく勤務国も同じアクアマイトという事
昨日は軽く挨拶をしてそのままお互いテントに戻ったのだけれど、今日はその方がテントまで訪ねてきてくれました

折角来て頂いたのだし、と一緒にお茶をしていると挨拶代わりに、と肖像画を頂きました
こんなに素敵なものを頂いてしまってどんなお礼をしたら良いのでしょう…

まだ仕官したばかりでお金もないですし、気持ちだからお礼はいらないと言って下さったけれど…
今は調合した傷薬くらいしか差し上げることが出来ないのでもう少し余裕が出来たら何かプレゼントを贈る事にしましょう

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

大切なもの

この大陸で頂いたもの


全て大切な宝物

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

セレナの過去-RP小説-

セレナには幼い頃の記憶がない。
10年程前、自分が何故何も憶えていないのか両親に聞いてみたことがあった。
その問いに幼い頃の記憶がないのは当たり前だと、どこか悲しそうな顔をして両親は答えた。

それから何年かたったある日、セレナが旅へ出ている間に両親が流行り病に倒れたとの手紙が届いた。
急いで村へ戻り家の扉を開けるとそこに両親の姿は既になく、1枚の手紙だけがテーブルの上に残されていた。

続きを読む ▽

entry_footer
entry_header

セレナの現在

【名前】セレナリルム
【種族】人間(エディン人)
【性別】女
【年齢】20歳前後(正確にはわからず)
【職業】旅人・薬師
【性格】温和

【身長】160cm
【髪】薄い青のロング
【目の色】髪より少し濃い青
【肌の色】肌色
【服装】青系や白系のロングスカートやワンピースを好む

【武器】短剣(あくまで護身用)・腕輪(魔法使用時)
【魔法】魔力が一切ない為基本は使うことが出来ないが、魔力の宿った腕輪を身につける事によって簡単な魔法なら使えるようになる


自然の多い国を目指していた結果LG大陸に辿り着き、希少な薬草を探しながら旅を続けている。
1人旅の為護身用に最低限の戦術を身につけているが、争いを好まない為身を守るための戦術しか学んでいない。
採った薬草から傷や病気を治す薬を作りそれを売って生活をしているが、探している希少な薬草を見つけるとどこかへ送っている。
entry_footer

side menu

side_header
side_footer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。